Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘とくにこだわりはなく’ Category

今はもう中学生になり、おやじの身長をいつ抜かす?しかおれに関心のない息子くんだが、昔はおもしろい時期もあった。小学一年の頃はプレゼントも渡し甲斐があったな。

HDの整理をしていたら、こんなテキストがでてきたので保存しておこう。プレゼント探し用のゲーム。ヒントカードを作って宝探しにしました。

いい思い出です。

2008/12/24 サンタさんからの手紙

1)
いつもげんきなあおいくん、メリークリスマス!
ことしもフィンランドからサンタがきたのじゃ。
もちろんプレゼントもある。
いいこにしてればあげることにしよう。
まずはうたをうたってもらおうか。
おおきなこえで、クリスマスのうたをうたっておくれ。
あおいのしってる、すきなうたでよい。
さあ、うたうのじゃ。
うたいおわったら、まどをあけてベランダをみるのじゃ。
2)
どうじゃ、あさのけしきは、さわやかできれいじゃろ。
こどものしごとは、はやねはやおき。
まずはあさのくうきを、むねいっぱいすいこむのじゃ。
しんこきゅうしてから、みぎをむいてごらん。
せんたくものほしに、あおいのパパへのプレゼントをおいておく。
ぱぱといっしょにプレゼントをあけてみるのじゃ。
3)
どうじゃ?パパはよろこんでおるかのお。
さて、つぎはトイレにいくのじゃ。
トイレには、ほんがあったはず。「にほんご」というほんじゃ。
70ページをあけてごらん。
4)
ほっほっほっ!よくみつけたのお。
さて、このページにあるえは、なんのえじゃ?
あおいのいえにもあるなら、そこにいってみるのじゃ。
ヒントはみずのでるところじゃ。
そこにママへのプレゼントをおいておく。
ママといっしょにプレゼントをあけてみるのじゃ。
5)
よしよし、ママもよろこんでおるじゃろう。
つぎはあおいのばんじゃ。
このなぞなぞをとくのじゃ。
●おとがでるもの。
●げんが6ほん。
●かたてでおさえて、かたてではじく。
●びろろーんとおとのでるものはなあに?
そのちかくにプレゼントをおいておく。
さがしてみるのじゃ。
6)
よくみつけたのお。
ことしはもうひとつかくしてある。
これをとくのは、たいへんじゃぞ。
また、なぞなぞをとくのじゃ。
●あけるとひろばがあらわれます。
●えをかいたり、じをかいたり。
●がっこうにいくようになれば、そこでべんきょうもします。
●いつもきれいにしておかないと、しめることができなくなります。
●くらいと、めがわるくなるので、でんきをつけるとこ。
さて、どーこじゃ?
7)
おめでとう!よくみつけたのお。
ところで、わしがフィンランドを、たびだつときに、あおいからのてがみがとどいたのじゃ。
でんしゃのえがかいてあったが、じかんがなくもってこれなかった。
あおいのさいたまのじいじとばあばにてがみをわたしておいた。
よるにでも、でんわしてみるのじゃ。
それでは、ごきげんよう。
またらいねん。
メリークリスマス!

Read Full Post »

 

おもしろい本を見つけました。

『自分を開く技術』〜アジア18か国で代理人をたてずに自ら契約&プレーしたプロに学ぶ(伊藤壇)

アジアのクラブが飛躍的な成長を遂げる中、アジアに活躍の場を開拓する選手が増えています。東京23FCのセカンドチームにもアジア進出を狙う若手が多くいます。そんな選手たちの参考になりそうな本。

著者はブランメル仙台でプロになり、わずか2年でベガルタ仙台を解雇されてしまったプロ選手。以後18の国と地域のリーグを渡り歩き、代理人を立てずに独力で契約を勝ち取ってきた行動系フットボーラーです。

きれいごとのグローバル論ではなく、サッカー業界、とくにウソやインチキが当たり前のアジアのサッカー業界を生き抜くためのサバイバル術を、詳細な具体例&経験談とともに公開。アジアでカモられない技術、ノウハウ満載です。

渡り歩いてきたアジア18カ国のリーグの契約の特徴、外人枠や平均月給、現地での生活費などが網羅された表は、これからアジアに進出しようとしている選手にも興味深い資料となるでしょう。

他にも履歴書の書き方、契約キーマンとの連絡の取り方、自己PRの方法など、実践例が数多く紹介されていて、フットボーラーのセルフプロデュース術としても読み応えあり。

個人的には巻末の、戦術くんの戦術ボードへの謝意が嬉しかったな。ベガルタ仙台の名物サポとして有名だった彼の戦術ボード哲学が、著者の行動力の原点になっているとは。

超一流リーグだけがプロではない、それぞれの国の身近にあるフットボールを愛するサポーターのために、アジアに挑むフットボーラーがもっともっと増えると、日本のサッカーはさらに豊かになるのではと思う日曜日の午後です。

 
機会があればご一読を!

   
 

Read Full Post »

 
今年も家族全員、無事に大晦日を迎えることができました。中学生になった息子くんも環境の変化を楽しみつつ、まわりから大きな刺激を受けて、身も心も成長中です。来年もたくましくタフに生きてくれるでしょう。みなさまの2016年が実り多き年になりますよう石神井公園よりお祈りしています。よいお年を。

Read Full Post »

虫大好きの、子供みたいな大人と大人みたいな子供が集うファーブル昆虫塾。館長の大三郎先生と塾生が書き上げた夏休みの読書にぴったりの昆虫100種紹介読み物が出版されました。

無味感想な学術書と違い、一人一人が気持ちを込めて一種を紹介し、美しい写真とともに虫の魅力を語ります。
IMG_7044
IMG_7045

もちろん情報の正確性も、塾生の名に恥じぬよう推敲で何度も書き直しし、塾のメーリングリストで議論を重ね高めていきました。
IMG_7043

ページの幕間のマンガストーリーも、ファーブル昆虫塾の日常を描き、虫屋さんの妙な会話を楽しめます。
IMG_7041

息子くんはキアゲハを担当。昨年夏の小さなストーリーを彼なりの言葉で紡ぎました。
IMG_7042

本屋さんで見かけたらぜひ手にとってページを開いてみてください。虫の魅力が溢れ出してきますよ!

『虫屋さんの百人一種 』
出版社: 出版芸術社
発売日: 2015/7/16

(Amazonの紹介テキスト)
○内容紹介
虫屋と呼ばれる本当の虫好きの人々が選ぶ、日本の名昆虫100種!! 豊富な知識と愛とをもって、昆虫の見所をあますところなく熱く語る! 美しい生体写真を使った100通りのレイアウトで、見応えのあるいまだ見たことのない昆虫本。128ページフルカラー!

○著者について
フランスの博物学者アンリ・ファーブルをひとつの理想像として、現代の日本の子どもたちを中心に、自然 に対する健全な感覚を養い育てることを目的としたNPO 団体。仏文学者奥本大三郎氏を理事長に、ファー ブル昆虫館の運営や昆虫塾主宰など、様々な活動を行っている。本作品は、会として初めての著作。

Read Full Post »

 
上手くいったりいかなかったり、日々いろいろあるけれど、我が家の原点、帰るところは石神井公園です。

ママは井の市というお祭りのお手伝い。おれと息子くんは涼しくなってからジョギング。

久しぶりに息子くんが付き合ってくれたけど、速すぎてついていけない。あっという間に見えなくなりました。

帰りは三宝寺池でクールダウン。珍しい蝶を探しながら、散歩を楽しみました。公園の夕暮れの色合いは、我が家の宝物です。

しっかり充電できました。
   
           

Read Full Post »

IMG_6253

「最後の晩は、シャムの家族呼んで食事でもしますか?」

吉澤さんの提案で、シャムの奥さんと子供が来てくれることになった。採集中の会話で、シャムに二人の小さな子供がいるのは知っていた。家族構成がうちと似ているので、ぜひ家族トークをしてみたかった。異文化のムスリムファミリーの日常とおれらの生活がどれくらい違うのか?同じなのか?

ランカウイ滞在中、夜はほとんど入り浸っていたマレーシア風中華料理屋台も今日が最後。名残惜しい気持ちで先に飲み物を飲んでたら、シャム家族がやってきた。二人の兄妹はオシャレをして、スカーフを巻いたママと手をつないでやってきた。

はじめましての握手をして席に座る。兄妹が英語で自己紹介してくれた。たどたどしい日本語で挨拶も。吉澤さんは自分の孫みたいに喜んだ。上機嫌で子供たちの好きそうなメニューを店員さんに頼んでいた。

挨拶が終わると、兄妹ともに緊張気味で無言。場を和らげようと話しかけたが、うまく言葉が伝わらない。おれが片言の英語で話しかけると、ママは英語が話せるみたいで、マレー語にして子供たちに伝えてくれる。でもちょっともどかしい。

さて、どうしようかな。

持っていたボールペンで、なんとなく紙ナプキンにイタズラ描きをしてたら、お兄ちゃんがじっと見てた。

そうだ!

(おれの)息子くんが小さい頃、せがまれてよく描いたウルトラマンを描いてみた。

お兄ちゃんが身を乗り出して叫ぶ。
「アルトゥーメン!」
「知ってるの?」とおれ。
「毎週ミテル」とシャム。

マレーシアでも日本のヒーローは放送されていて、たくさんの人類を救っているようだ。この手があったか!

別のナプキンに、今度はドラえもんを描いた。これも大当たり。

おれがママと二人でドラえもんの主題歌を日本語で歌ったら、子供たちもマレー語で歌ってくれた。

(うちの)息子くんは、遠い異国の食堂にまで来て、大きな声でアニメソングを歌う親を、勘弁してくれよという他人顔で見ていたが、恥じらいよりも大事なものがあるのだよ。息子くんよ。

今度はママがナプキンを折り紙にして鶴を折った。子供たちは目を丸くして大騒ぎ。おれはトンボ飛行機を折ってみると、お兄ちゃんが手に取って飛ばす真似をしてくれた。魔法使いになった気分だった。

我が家にとってムスリムの友達ははじめてなので、生活習慣、仕事、遊び、食べ物など、彼らの生活に興味津々だった。朝起きてから寝るまでの一日、一週間の生活パターン、子供たちの学校など、なんでもかんでも話し、日本と比べて、違うんだねーとか、同じだねーとか、くだらないほど普通の話で盛り上がった。

ママスもすっかり意気投合した頃、うちのママが唐突にランカウイのママにお願いをした。ムスリム風にスカーフを巻いてみたいと。

「やめなよ。やめときなよ、怒られるよ」と息子くんが止めに入る。

彼もスカーフには宗教的な意味があるのをわかっていたのか、相当なしつこさで制止した。

それでもママはあきらめない。息子くんの倍以上のしつこさでお願いをし倒し、あらかじめ買っておいたスカーフを取り出すと、数分後には我が家のマレーシア現地妻が誕生した。

IMG_6261

息子くんはトイレのふりをして席を外してしまった。逃げやがりました。

蝶づくしの旅の最後の最後に、国際交流的なことがてきて、素晴らしい経験になりました。息子くんも少しは見聞が広まったか。それとも両親の馬鹿さ加減に呆れ果てたか。

あっという間に時間は過ぎ、みんな並んで記念写真。ランカウイの最後の夜が終わった。

楽しかったな。

IMG_6255

翌朝。

空港行きのバスに荷物を載せて、ホテルの入口でガイドのシャムさんとお別れする。

「Terimakasih(テリマカシィ)」

おれが言うと、シャムさんは笑いながら手を出した。

「Sama-sama(サマサマ)」

固い握手を交わした。

おれが唯一覚えたマレー語。旅の途中で何度も、何度も使った。使う度に笑顔が出現する魔法の呪文だ。

息子くんが来る。

「パパ、なんて言ったの?」
「ありがとうって」
「シャムさん、何だって?」
「どういたしましてって」
「ふーん」

息子くんはそのままシャムのところに行く。ちゃっかりお土産を貰ってきた。サッカーマレーシア代表チームのトレーニングシャツだ。

シャムは昨日の食事会で、高校まで地元のサッカーの選手だったことを話していた。センターフォワードだったとか。マレーシアはまだワールドカップに出場したことないけど、地元の人にとっては大事な誇りだと言っていた。

IMG_6297

「では、行きますか?」

吉澤さんが腕時計を見ながら、おれらをバスに促した。鞄から航空券を取り出し、渡してくれた。バスに乗り込み窓から手を振る。

エンジンが唸る。シャムが小さくなる。バスはホテルのエントランスを離れ、空港への幹線道路に合流し、加速する。

冷房の効いた車内から、通り過ぎていく道路脇の林を窓越しに眺める。

軽い疲労と帰国の安堵。日常に戻る虚無と、オビクジャクアゲハを採り逃がした落胆。未知を体験した高揚。気づきの多かった旅。

うちの息子くんはほんとに虫に救われたな。

虫との出会いが、知識との出会いになり、人との出会いにつながった。頑なだった我が家の視座に、やわらかなバランスを取り戻してくれた。

ランカウイは息子くんにとっては幼年期の卒業式だったと思う。

ここで見つけたこと、気づいたことが、彼の大人への大きな布石になることを祈る。

もっともっと息子くんの好奇心が正しい方向に伸びて、彼の自然な素の生き方を抱擁してくれる人や環境に出会えますように。

それにしても。
あのオビクジャクアゲハ。

いつかあいつをこの手で捕り、この旅の記憶を標本にして、部屋に飾りたい。思い出の栞にしたい。

バスの中で吉澤さんにそう話すと、嬉しそうな顔をして笑った。

「そうですか、悔しかったですか?そっか、そっか」

窓から遠くに黒い蝶の影が飛んでるのが見えた。一瞬ドキっとする。あれ?もしかしたら、おれは蝶が好きになってしまったのか?

また来よう。

シャムにマレー語で“さよなら”を教わるのはその時でいいや。

(おわり)

IMG_6312

Read Full Post »

IMG_6221

最終日。

さらに珍品狙いということで、秘密のポイントに連れて来てもらう。息子くんの鼻息も荒く、期待度MAXだった。

朝は涼しく爽やかだったが、昼過ぎになると日差しがきつくなった。日向にいるのが辛くなるほど。木陰に逃げて水を飲む。

頭上の枝葉の向こう側に、真っ青な空が顔をのぞかせてる。白く光る旅客機が飛んでいるのが見えた。

IMG_6216

人工的に作り上げた最先端技術の到達点。ライト兄弟からはじまる最新ボーイングまでの変貌は、生物の進化のようだ。金属的なジェット音。両翼端から鋭利な白い糸を引いて飛んでった。明日はあの中に居て、座席に座って帰国か…。

長かったような、短かったような。マレーシア、いいとこだったな。ムスリムの人たちとも友達になれたし、みんな穏やかでいい人だった。

吉澤さんのお陰でいい旅になった。パッケージや個人旅行だったら、こんな深みまで来れなかったな。

でもとりあえず、蝶は一旦お休み。息子くんに任せて、おれはどこかに座ってのんびり余韻を楽しもう。

休憩ポイントになる日陰を探しながら、密林に沿って歩いていると、妙な気配を感じた。不自然な違和感。それも強烈な。

なんだ?どこから?

密林の縁の少し開けたところ、葉が生い茂っていて、ちょうど日蔭と日向の、境界線の暗がりの方、目の高さあたりに、Uの字に光るものがあった。信号機の緑色LEDが配列されたみたいに。規則的な図形だった。

木の幹や、繁茂した葉や枝みたいな自然な形とはあきらかに違う、人工的な幾何学的な、記号的なエメラルドグリーンに光る文字に見えた。

立ち止まって凝視したけどよく見えない。まったく動かない。日陰のなかで唯一光り、浮かび上がる文字らしきもの。前人未到の惑星で、あるはずのない知性の証拠、文字の欠片を発見したみたいな高揚感。

近くに工事中の建物があったので、そこに電気を供給する設備の表示かなとも思った。配電盤に貼られたシールに光が反射してるのだろうか。

でもそれも変だな。配線されたコードも、工作機械も見つからない。現場はここに来る途中の、1kmは離れてるところだ。

数十秒間、考えられるあらゆる可能性を検証したけど、妥当な答えが浮かばなかった。

残るは、羽の模様?

目を凝らしてみる。まだUの字がエメラルドグリーンに光っている。

???
絶対蝶だ!!!

網振れるか?

気づかれないように近づくが、おれのでは短かすぎて届かない。どうしよう?

息子くんを呼びに行く。おれよりは頼りになるはず。走って後ろ姿を見つけ、小さな声で怒鳴る。

「(はやく!来い!こっちこっち!)」

おれの焦り気味の手招きを見て、息子くんも緊急事態であることを理解した。それもいい方の。

「(どこ?!)」

おれが指差して、網の柄で仮想のレーザーポインターを作り、息子くんの視線を誘導する。Uの字は静止したまま輝き続けている。

IMG_6420

「オビクジャクだっ!」
「なに?」
「パパっ、吉澤さんから長い網借りてきて!」
「無理だよ!どこにいるかわかんないよ!」
「まじかっ!逃げちゃう」

息子くんは、このチャンスを逃すものかと網を縮めて、がさがさと密林に侵入していった。棘の生えた蔓が袖に絡まり、服を引っ張る。帽子が絡め取られ、枝にぶら下がり置き去りにされた。

Uの字と息子くんの距離は縮まり、網の射程距離に入った。両サイドは枝が茂っていて水平に振るのは難しいだろう。瞬間、彼の頭の中にいくつもの網振り軌道がシミュレーションされては没になったのがわかった。上からしかないだろうな…。

息子くんは、決断するとあっという間に上から網をかぶせた。ネットの中で黒い羽が羽ばたくのが見えた。やっぱり蝶だったんだ!やった!

柄を回して網を反転させる。
急げ!
早く!
ネットが回らないっ!

付け根のネジが緩み空回りしてしまった。息子くんは左利きなので、反転が逆になり、ネジが緩みやすいのだ。

その瞬間、網と葉の間に隙間ができて、蝶は逃げていった。

あああ!
Uの字が青い空に逃げていく。

なんという喪失感。あともう少しだったのに。

エメラルドグリーンの奇跡が!

あれは欲しかった。
あれだけは、ほんとに欲しかった。

展翅して標本にしたかった。
このランカウイの旅を象徴する蝶になったのに。

ああ、悔しい。
悔しい。

息子くんも密林からうなだれて出てきた。

最後の最後の大きなチャンスはランカウイの密林に消えていった。

時間切れ。

IMG_6220

IMG_6199

IMG_6232

(追記)
ブログ中のオビクジャクアゲハの写真は、ランカウイでお会いした昆虫写真家・工藤忠さんのご子息、工藤誠也さんの作品を使わせていただきました。僕の記憶の残像そのものの素晴らしい写真です。ありがとうございました。

昆虫写真家・工藤様のブログ
青森の蝶たちへ
http://ze-ph.sakura.ne.jp

Read Full Post »

Older Posts »