Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2016年1月

 

おもしろい本を見つけました。

『自分を開く技術』〜アジア18か国で代理人をたてずに自ら契約&プレーしたプロに学ぶ(伊藤壇)

アジアのクラブが飛躍的な成長を遂げる中、アジアに活躍の場を開拓する選手が増えています。東京23FCのセカンドチームにもアジア進出を狙う若手が多くいます。そんな選手たちの参考になりそうな本。

著者はブランメル仙台でプロになり、わずか2年でベガルタ仙台を解雇されてしまったプロ選手。以後18の国と地域のリーグを渡り歩き、代理人を立てずに独力で契約を勝ち取ってきた行動系フットボーラーです。

きれいごとのグローバル論ではなく、サッカー業界、とくにウソやインチキが当たり前のアジアのサッカー業界を生き抜くためのサバイバル術を、詳細な具体例&経験談とともに公開。アジアでカモられない技術、ノウハウ満載です。

渡り歩いてきたアジア18カ国のリーグの契約の特徴、外人枠や平均月給、現地での生活費などが網羅された表は、これからアジアに進出しようとしている選手にも興味深い資料となるでしょう。

他にも履歴書の書き方、契約キーマンとの連絡の取り方、自己PRの方法など、実践例が数多く紹介されていて、フットボーラーのセルフプロデュース術としても読み応えあり。

個人的には巻末の、戦術くんの戦術ボードへの謝意が嬉しかったな。ベガルタ仙台の名物サポとして有名だった彼の戦術ボード哲学が、著者の行動力の原点になっているとは。

超一流リーグだけがプロではない、それぞれの国の身近にあるフットボールを愛するサポーターのために、アジアに挑むフットボーラーがもっともっと増えると、日本のサッカーはさらに豊かになるのではと思う日曜日の午後です。

 
機会があればご一読を!

   
 

Read Full Post »

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Read Full Post »