Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2013年6月

20121114-午後055700.jpg

別にプロ選手にならなくてもいいから

サッカーを通じていろんなことを吸収して
サッカーで一生付き合える親友を作って
将来サッカーに恩返しできるような

そんな選手に育ってほしい。

願わくば東京23の左サイドバックになってほしいが。

そのためには、目の前の試合を全身全霊で闘いきらないとね。

きみならがんばれるよ!息子くん。

20121114-午後055655.jpg

20121114-午後055629.jpg

Read Full Post »

130604_友だちになれる

サッカーやってて一番いいことは友達ができること。

言葉の通じない外国に行ったってできる。試合に混じっていいプレイすれば、あっという間に21人が友達 だ。

試合の後は腹が減るから一緒に飯を食えば親友だ。

上手ければ上手いほどいい友達と出会える。だからみんな頑張りな!

試合の勝ち負けより大事なサッカー の秘密だよ!

Read Full Post »

20130604-午前082145.jpg

昔、科学は冒険であった。

サイエンスという言葉には、子供心を踊らせる未来の響きがあった。

テレビ番組や本もいいものがあった。

高速度撮影カメラを使って、自然現象の一瞬を垣間見せる「レンズは探る」。ミルククラウンの形を動的に見たときの驚きは今でも覚えている。

SF作家アイザックアシモフによる科学エッセイ「空想自然科学入門」や畑正憲の博物誌のシリーズは、貪るように読んだ。

とにかく不思議なことは山ほどあり、それを美しく正確に整理して説明してくれる科学者の言葉は、魔法のように感じられた。

そして、科学の発見一つ一つが一人の学者の知恵でなく、先人たちの、仮説、実験、検証、結論の積み重ねだと知ってさらに驚いた。

科学とは、導き出された結果ではなく、考え方、仮説検証のプロセスを指すことも知った。

不思議なことを不思議と思わない社会や大人たちに囲まれた子供たち。

この子たちに、不思議を探求する心が育つのか?センス•オブ•ワンダーの種を蒔いてあげることはできるのだろうか?

大人として、かつて不思議少年だった自分として、いろんな機会を活用して、こどもたちを刺激したい。

こどもたちの好奇心を100%信じてる。

20130604-午前082303.jpg

20130604-午前082325.jpg

20130604-午前082337.jpg

20130604-午前082358.jpg

20130604-午前082410.jpg

20130604-午前082440.jpg

20130604-午前082503.jpg

Read Full Post »