Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年8月

20110820-070733.jpg

何をどう書いたら、昨夜の音楽体験を記憶しておくことができるのだろうか。

仕事を終えて、電車に乗って、新代田の改札を出て、環7の横断歩道で信号待ちをする。雨の降ったアスファルト。横断歩道を渡り、目の前の白いビルの階段を降りて、受付でチケットを手に入れる。

いつもと同じ。
違うのは、今夜がtobaccojuiceの東京最後のギグであるということ。
8月のライブを最後に、彼らはバンドとしての活動を休止することを発表している。

仕事中の車のなかで何気なく見たツイッターに、誰かがつぶやいていた。

tobaccojuiceが活動を休止

まさかという気持ちと、ついに来たのかという予感。

車を路肩に停め、iPhoneのスクリーンをふるえる指でタッチする。

つぶやきには、公式HPへのリンクがはられていた。

リーダーの大久保さんがバンド活動休止をアナウンスしていた。決定した事実のみを淡々と語り、ベースの脱退をファンに報告していた。

感情を排除したアナウンスの文章。シンプルで事務的な表現が余計、背後の大きな事情を思わせた。

4人でのライブはあと4回。東京最後のギグは8/19新代田FEVER。8月のライブをもって全活動を休止する。

8/3の突然の発表。

おれが行けるのはFEVERだけだ。

2枚の重たい防音ドアを開けて、FEVERの音空間に溶ける。ドラム&ベースの圧倒的な音圧を皮膚で感じる。満員の客が立ち並ぶ。身体をすべりこませるようにして、少しずつ侵入していく。

ステージでは、トレモロイドが演奏していた。

バーカウンターの端から、何度か、松本くんが顔を出していた。缶ビールを持っているときもあった。客の様子を遠くを見る焦点のあわない目でじっと見ていた。

今夜は最高の客の入りだ。200は間違いなくいるだろう。男の客が多い。レコード屋の片隅に生息するヘッドホンゴーストたちが巣から這いだしてきたようだ。

立ち見の会場は、隣の人と肩がぶつかりあうほど密集していた。tobaccojuiceの開演が近づくにつれ、密度はさらにあがった。心地よかった。音楽はやっぱこうでなきゃ。

マリンバ風の楽しげな曲がかかり、タバコが出てきた。

さあ、パーティのはじまりだ。

● ● ●

ギターの音が空間を彩りよく埋めていく。キャンバスにカラフルな絵の具を塗っていくようだ。

ドラムとベースが壁をびりびり震わせながら、強烈な音圧でライブハウスを鼓動させていく。満ちたり、引いたり。波のように行ったり、来たり。

フロントマンの松本くんは、あいかわらず焦点の合わない視点で、遙か遠くを見つめながら歌う。

バンドの音は強烈な一体感を持って、満員の客に放射される。

松本くんが踊る。客を煽る。

メンバーがフレーズごとに顔を見合わせて笑いあう。

リズムがぴったりはまる。

また笑う。

心の底から、音を楽しんでる。

自分たちの12年間の手触りを確かめるように、丁寧にしっかりと音を紡いでいく。

爽やかな覚悟。

こんなに素敵な音楽をつくる、あんなにカッコいい4人組が、音楽をやめるっていうんだぜ。信じられるか?

ほとんどMCはなかった。
休止の理由を話すこともなかった。

でも客のほとんどはわかっているようだ。
理由なんてどうだっていい。

音楽に集中しよう。
この魔法が解けるまでの、あと数十分。
何も考えずに、ただ音楽を楽しもう。

残された時間はあとわずか。
タバコの音楽を浴びるほど楽しもう。

踊ろうぜ
遊ぼうぜ
楽しもうぜ

アンコールの前、松本くんが少しだけしゃべる。

いつも踊らない人も今日はさ
特別なパーティだから
踊って帰ってほしいんだ
最後だからさ
いい思いでつくろうぜ

yeah

ここで感じたことが
明日につながる

ここで感じたことが
未来につながる

この瞬間が
つながってゆくよ

行き先はわからない
帰り道はもうない

行き先は見えない
帰ることはできない

ただ、ここにみんながいて
ただ、ここに音楽があって

ただ、この瞬間をおれたちは楽しもうぜ

12年間の彼らの音楽が、わずか1時間に凝縮された奇跡のようなギグだった。

濃密な光と音と、うねるようなグルーブ。
バンドと客の一体感。

音楽を超えた、もっともっと高いところにみんなで昇っていった。雲を超え、空を超え、星が瞬く世界だ。

音楽の神様。

どうか時間を止めてください。おれたちからこの音楽をとりあげないでください。

2回目のアンコール。
松本くんがもう少ししゃべる。

ありがとう!

そうね。
なんかね、あの、不思議なことに、はじめてのライブみたいです。なんか。

すごい長いこと、みんな、おれたちのことを応援してきてくれた人たちも、最近知って遊びに来てくれた人たちも、いると思うけど、ほんと。

なんか、うん、おれたぶんひとりで、地球上にひとりしかいなかったら、歌とか歌わないから。

みんながいてくれたから、歌とか作れたし。

今こうやって、歌ってるから、なんか。
まあ、ありがとう(笑)

長い人生、もしかしたら明日死ぬかもしれないけど、とりあえず、今この瞬間、まだ中継地点だと思ってるから。

こっから、どんどん、どんどん、みんな楽しんでいきましょう!yeah

● ● ●

3回のアンコールに応えてくれた彼らは、最後に全員で手を挙げ、声援に応えた。

そして、とうとうおれらの前から姿を消した。

でも大丈夫。
きっと。

音楽の神様は、きっとすばらしいエンディングを準備してくれるはず。

また歌い出すのを待ってるぜ!
tobaccojuice

広告

Read Full Post »

20110817-081310.jpg北八ヶ岳の北横岳を登る。

ロープウェイの頂上駅周辺には、観光風の楽な格好の人もいたが、北横岳への登山道は斜度もあり、岩山をよじのぼるほど。

息子くんもがんばって登りました。

山頂では登山者の間を雲が通り過ぎる。
厚い雲が山肌を駆け上がると、真っ白な霧のなかにいるようだ。まわりが見えなくなる。

ふと思う。

本当はおれはすでに崖から落ちて死んでいるのだ。
この白い雲の世界はあの世なのかもしれない。
黄泉の国への道を歩いているのではないか…

そう思いこめそうな雰囲気だ。

下山して息子くんに、山登り好きか?と聞いたところ、きらいじゃないけど…他に楽しい遊びがないんだったらやってもいいとのこと。

つきあってくれるうちはいろいろ連れていこうと思う。

20110817-081331.jpg20110817-081348.jpg20110817-081407.jpg20110817-081528.jpg

Read Full Post »

20110817-080711.jpg

2月の末、八島湿原にスノートレッキングをしにきた。

ペンション山ぼうしのしょーじさんのガイドで雪の残る湿原を5時間かけて歩いた。そのときの印象がよかったので、この夏も八島湿原を訪れた。雪のトレッキングはスポーツだったが、夏は軽いハイキング。のんびりと湖畔の遊歩道を歩きながら、緑の山と広大な湿原、青い空、そして爽やかな風を楽しむ。東京は35℃の猛暑。湿原は25℃。途中、軽い丘を登り少しだけがんばったりするが、前回ほどつらさはない。息子くんはゴール地点でのソフトクリームをめざして、てくてく歩く。

湿原の散策が終わり宿へと向かう。

八ヶ岳ビーナスラインを車で走る。ロードバイクが何台も走っている。つぎは自転車かな…。

突然の雨。
青空と雨雲。

車のワイパーを動かしながら、山の麓を見ると大きな虹がかかっていた。

宿泊は山ぼうし。
手間をかけた手作りのおいしい食事と静かなロッジ。清潔な部屋、窓から見える森。

奥さんの妹も参加してくれたので、男組と女組分かれて二部屋となる。息子くんはうるさいのがいないので、のんびりご満悦。三鷹の駅で買った長めの本を静かに楽しんでいる。

二日目の明日は横岳へ登る。ロープウェイで山頂付近まで。山道を歩いて小池を見に行く。

20110817-080731.jpg

20110817-080800.jpg

20110817-080936.jpg

20110817-081006.jpg

20110817-081035.jpg

Read Full Post »

20110817-074647.jpg

新しいヒルクラ仲間を紹介しよう。
ひごっちとたかゆきだ。

ひごっちは佐渡、乗鞍といつもの輪行メンバーだが、たかゆきはゆーすけのお友達で、最近ロードにはまりまくっている。ふたりとも普段は荒川サイクリングロードを走るサイクリストだが、今回はわれわれのヒルクラにつきあうため遠征してくれた。

今月の乗鞍に向けて坂耐性をつけようと、今日も奥多摩都民の森まで檜原街道を走る。

武蔵五日市で二人に合流し、自転車を組み出発。先月に比べて暑い。走り始めてすぐジャージに汗がほとばしる。

檜原村役場を過ぎて左に曲がると、ひごっちとゆーすけが鼻息荒く競り始める。ふたりは顔にこそ出さないが、実は相当なライバル関係にあるのだ。今回はどちらが強いのか、白黒決着をつけるいい機会というわけだ。

ひごっちが加速して坂を登り始める。それにつづくゆーすけ。おれはマイペースで後ろからなま暖かく眺めていると、いきなり黄色のフェルトが宙を舞い、ひごっちのふくらはぎが空を蹴るように高くあがった。ガードレールの向こう側に落ちるのかと思うほどだった。

落車だ。ひごっちの落車を目撃してしまった。

道がゆるやかに右に曲がっていることに気づかず、後方を見るため振り向いたところ、縁石の段差にハンドルを取られたのだ。

損傷を確認する。

ひごっちの手足に擦過傷。ハンドル右グリップが内側に曲がり、ホイールのリムに傷がいくつか。

その場で応急処置をしてリスタートする。

ゆーすけは落車したひごっちの心理状況を読む。

「弱気になってる今がチャンス。やるなら今だ」

オーバーペースをかえりみず、ひごっちに差をつけようと加速をする。しかし30kmのうち、まだ5kmのところ。いくらなんでも早すぎる。

ひごっちはああ見えて狡猾で計算高い。加速するゆーすけにぴったり付き距離を稼ぐ。

そのまま10km以上、ゆーすけの陰に隠れて距離と標高を稼ぎ、ゆーすけの様子をうかがう。

無理をしたゆーすけ。ペースが落ちはじめる。それを見逃さないひごっち。

「アターック!」と大きな声をあげるひごっち。その声は奥多摩の山々に響きわたったであろう。ちぎられるゆーすけ。ふたつの目から流れるのは汗だ。切なさと無力感が溶けた悲しみの汗だ。決して涙ではない。

しかしもう付いていく余力はない。

ゴールの都民の森は気温25℃。ひごっちとゆーすけの戦いはひごっちの勝ち。この決着は乗鞍でつけるといい。

さて、トップグループではなくグルペットの二人だ。

おれは親友のスントくん(心拍計)のアドバイス通り自分のペースをひたすら守る。前回ほど来たことを後悔しなかったので、少しは坂耐性がついたのだろうか。

たかゆきは、はじめての(本当にはじめてのヒルクラで奥多摩に来てるのだ!)登りでペースをつかめず、走ったり止まったり。それでもギブせず最後まで自走してゴールした。すごくがんばった!

彼の雄志はしっかりと写真に写っている。

つづら折りの崖下の橋を、折れそうな心を抱えて登る姿。橋の上に小さくゴマ粒のように見えるのがたかゆきだ。

そしてゴール直前。カメラを構えるおれの前を逃げるように通り過ぎていくたかゆき。

今日の経験は大きな自信になるよ。きっと。

都民の森で補給とトイレ、休憩。

体力の回復を待って、来た道をまた降りていく。下りながら考える。こんなに長く、きつい坂だったのか…。よくこの道、登ってきたな。

反対車線を登るクライマーの苦しむ表情を見る。苦悶する顔の中に恍惚とした快楽を味わう変態たちの集団だ。

途中ひごっちの落車ポイントをみんなで感慨深げに見つめる。

誰からともなく、いや、おれがいいはじめたのだが…、この地点をひごポイントと呼ぶことに決めた。次回からこのポイントを1位で通過したものは、ゴール地点(都民の森)でひごっちにソフトクリームをおごってもらえるのだ。よろしくー!→ひごっち。

20110817-074826.jpg

20110817-074844.jpg

20110817-074906.jpg

20110817-074939.jpg

Read Full Post »

スライドショーには JavaScript が必要です。

ビルの地下、小さな密室のなかでどかどか音楽を聴くのもいいけど、逗子のビーチで波の音を聞きながらもいいな。木造の黒い柱。小さなステージ。地面は砂。もちろんビーチへの出入りは自由。

ビール片手にゆるゆる過ごす時間は最高だろうな。

今度はすいているときに来よう。

この日はスターダストレビューの根本さんと山弦の佐橋さんによるギターギグだ。セットリストは70年代の隠れた名曲たち。選曲がよかった。

ゲストはチャーさん。

クラプトン、ジェフベック、ジミーペイジのことをしゃべりながら彼らの曲を演奏した。

3人でロックはもちろん、フォーク、ファンク、など多彩な曲を演奏する。ギターってすごい。なんでもできるんだな。

箱の中は風が通らず暑かったが、演奏は楽しめました。

アンコールも終わり外に出る。
海岸を吹く風が爽やか。

コロナを飲み、のどの渇きを癒してから、駅へと歩き始める。

時間が遅く遠いのでビーチでのんびり飯を食えなかったのが心残りだ。

また来よう。

松田が死んだことは、もう忘れよう。

Read Full Post »

尊敬する先輩パパサポのみなさんが、子供達に声がけするとき「負けるな!」ではなく、「たたかえ!」と言ってるのに感銘を受ける。

おれがU10の選手で、試合中に声をかけられたらどう思うか?想像してみた。

負けるな=

  • 抜かれたらどうしよう?
  • ドリブル失敗したらどうしよう?
  • パスをインターセプトされたらどうしよう?
  • 失点したらどうしよう?

たたかえ=

  • ボールを取りに行ってみよう(奪えるかも?)
  • スペースに走りこんでみよう(パスが出てくるかも?)
  • 相手の入りそうなスペースで待ち伏せしよう(自由にさせないぞ!)

おれの小心ハートなら、たたかえの方が前向きになれる気がする。

「……してはいけない」よりも、「……してみよう」の方が好きだからだ。

小さな選手たちが、勇気の一歩を踏み出せるような声がけを心がけよう。

Read Full Post »

パパが仕事から帰ってきた。
でかいヘッドホンもしてなかった。いつも音楽聴きながら帰ってくるのに。ただいまって言わないで部屋に入ってきた。小さな声でママに話しかけて、そのままシャワーに行っちゃった。

おれは明日から合宿なので、さっきから準備をしてる。ユニや着替えを合宿のしおりを見ながら揃えてる。たたんでジップロックの袋に入れる。めんどうくさいけど、やらないと合宿に行けない。パンツが一枚足りなかったので、今日はいていたやつをあとで洗うことにした。

しおりに書いてある通り準備してリュックに詰めていく。歯ブラシとすねあても忘れずに。おなかが減ってきた。早く終わらせてご飯食いたい。リュックがぱんぱんになった。

パパが風呂から出る前におれも入る。パンツも洗う。

風呂のドアを開けるとパパがシャワーを浴びながら泣いていた。びっくりした。

「なんで泣いてんの?」
「…ごめん、大丈夫。おまえ松田って選手知ってるか?」
「知らない」
「…そうだよな。昔マリノスにいてボンバーと一緒にセンターバックやってた」
「中澤?」
「そう。よく知ってるじゃん。中田とかと一緒にオリンピックでブラジルに勝ったり、トルシエのときには代表でも活躍した」
「トルシエって、あのフランスのコーチ?」
「そう。松田は去年マリノスと契約できなくて、チームを探してた。カタールのチームからすごいお給料のオファーもらったんだけど、それを蹴ってJFLの松本山雅に行った」
「なんで?」
「わからん。でも山雅サポはものすごい喜んだ。JFLの他チームのサポも喜んだ。あの松田が来るんだぜ。浦和の岡野が鳥取に来たみたいなもんさ」
「知ってるよ。野人だよね」
「そう。J1のサポは下に行くと選手の価値がなくなったみたいに言うけど、J2やJFLのサポから見ればほんと嬉しいものさ。松田は日本のサッカーのために、松本のためにJFLに来てくれた」
「しょーのゆうや兄ちゃんも喜んでた」
「長野のサッカーファンはみんな興奮してたよな」
「…」
「松田が死にそうなんだよ…」

なに言っちゃってんの?パパは?
プロのサッカー選手が死ぬわけないじゃん。大人だし、すごく体でかいし。筋肉なんかもりもりだぜ。

「今日の練習中、倒れたんだって。ランニングしてすぐ。そのまま意識をなくした。心臓も止まっていたそうだ」
「それで?」
「救急車で病院に運ばれた。まだ意識が戻らないそうだ。結構厳しいって、トレーナーのブログに書いてあった」
「厳しい?」
「死にそうだってこと」
「まじ?」
「まじ」

パパの言ってることがよくわからなかったけど、すごいサッカー選手が大変なのはよくわかった。

「パパ、マリノスのファンじゃないじゃん。なんで悲しいの?」
「マリノスは敵だけど、味方なんだよ。サッカーって敵がいないと試合できないだろ。相手が強ければ強いほど、自分たちも強くなれる。お互いに必死に戦うことで、一緒に素晴らしいゲーム作るんだよ。松田はむかつくぐらい激しいディフェンダーだった。試合のときはあんなやつつぶれちまえって思ってたけど、今は違う。応援している」

パパの言ってることは、ときどきまったくわからなくなる。敵なのに味方なんてありかよ?

「日本代表もなでしこも、みんなおまえらこどもたちとか、おれら大人のサッカーファンとか、コーチとか、サッカーしたり、見たりする人全員とつながってるんだ。同じスポーツが好きな仲間、家族なんだよ」
「松田も家族?」
「そう。だから敵だけど大好きなんだ。ああいう人は日本のサッカーのためにもっと生きなきゃいけない。本当に直ってほしい。回復してほしい。日本中のサッカー大好き人が松田を応援している。日本のサッカーのためにまだまだやることがある…」

おれも松田選手に会ってみたい。どんなすごい選手なんだろう?合宿行ったらコーチに聞いてみる。

寝る前にパンツを干してからサッカーの神様にお祈りする。

Read Full Post »