Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年1月

豊洲招待の前日夕方、あおが体調が悪いと訴えた。しょーくんとゆーくんが遊びに来ていたが、じゅうたんに突っ伏して、ふざけているのか、寝ているのか…。生あくびを何度もしていた。

とうとう頭痛をこらえきれなくなったようだ。熱を測ると37.8℃。ふたりには事情を話して帰ってもらい、あおを早めに寝かせつけた。夕方5時40分。大好きなジャイアント・キリングも見ないで。

布団に入りながら翌日の試合のことを考えるあお。熱が下がらなかったら出られないと聞くと、目を真っ赤にして泣き始めた。くやしいのはお前だけじゃない。パパもママもこの一週間、豊洲招待のことを楽しみにして、つらい仕事に耐えてきたのだ。

我が家はサッカーの試合が中止になったり、事情で行けなくなったりすると、家族が崩壊する。炎の消えたろうそくのようだ。3人とも炭になった芯のように、呆然と立ち尽くす。

できることは全部やろう。まずは薬を飲んで、一時間毎に体温を測り、しっかり寝ること。あとはフットボールの神様が決めてくれる。

夜1時、あおの苦しむ声で目を覚ました。おなかが痛くて眠れないらしい。風邪がお腹に来たのだろう。薬をもう一度飲んで、お腹をさすりながら30分ほどすると、やっと眠れたようだ。寝息が穏やかになった。もう、ほんとに、これは絶対だめだ…

ところが。

朝起きるとあおはすっきりした様子。熱は37.0。当落線上ぎりぎりだ。調子はどう?と聞くと「ど根性で治した。大丈夫!」とのこと。おいおい、ほんとかよ?

少し様子を見ようとコーチに連絡をするが、本人は行く気まんまん。測り直すと36.2℃!結局ベンチ帯同、試合は見学の条件で行くことになる。

豊洲について、コーチの顔を見て、チームに合流するといつものおちゃらけたあおに戻ってしまった。勝手にピステも脱ぎはじめアップに参加している。この人本当にサッカーが好きなようです。

でも、まあ、試合に出してもらったけど、あまり動けなかった。決勝ではぼこられてしまったが、準優勝の賞状はU8でもぎ取ってきた。

両親はふたりとも文化系軟弱派だが、息子はど根性派であった。

Read Full Post »

FCトレーロスの活動にメスグラードがあります。スペイン語で「ごちゃ混ぜ」。選手、保護者、コーチをごちゃ混ぜにして、サッカーをします。

写真をごらんください。ピッチの横に立っている保護者たち。彼らは熱心に子どもたちのプレイを見ているように見えますが、実は自分の出番を心待ちにしているただのサッカー馬鹿です。

この日はなんと50名もの大人と子どもが集まりました。大人2チーム、こども4チームを即席で作り、ミニ大会を開催!優勝クラブにはコーチからドリンクの賞品付き!

はっきりいってすごくおもしろいです!

パパも、ママも、兄ちゃんも、弟も、もっと小さな未就学のこどもも、コーチも、みんな同じピッチで同じボールを追いかけ、同じ喜びと悔しさを共有する!

ふだんはこどもに厳しいことばかり言ってるパパやママも、失敗をすれば子どもたちにやじられる(笑)。ピッチの中のセカイを体験することって、大事なことですね。

この日は、近所の居酒屋さんに移動して懇親会も催されました。ふだんは緊張感のあるコーチたちも普段着でリラックス。クラブのこと、子どもたちのこと、日本サッカーのこと、こんどのゲストは誰を呼ぶか?、若手イケメンコーチに彼女はいるのか?など…。

選手とコーチと保護者、そして地域のみなさんの力をあわせ、いいクラブに育てていこう!との〆めの言葉で拍手。

パン、パ、パン、パン、《パンパン!》

Read Full Post »

スライドショーには JavaScript が必要です。

年末の休みに伊豆大島に行ってみました。調布飛行場から小型プロペラで23分。飛行機好きにはたまらない時間です。離陸して東京スタジアムを眼下に見ながら、武蔵野の地図を思い出しながらのフライト!乗り物酔いしやすい息子くんは、じっと目をつぶったまま、揺れに耐えていました。

伊豆大島ははじめて。いつも東伊豆から海の向こうにあるのを眺めるだけでしたが、今回は初上陸。伊豆とは雰囲気が違いました。沖縄っぽい離島感が楽しめます。

レンタカーを借りて、三原山の噴火口、裏砂漠、島一周を楽しみました。とくに火口付近は、僕ら以外の観光客もほとんどいないため、まるで火星に降り立った宇宙飛行士のような気分でした。

冬の伊豆は冷たい西風が強く吹き、観光には不向きな時期。でも人がいないのでのんびり楽しめるのがGoodです。

夜は島寿司(べっこう寿司)を食べ、温泉でまったり。つぎは自転車で来よう。

Read Full Post »

2011年がはじまりました!さっそく輪行のご案内です。興味ある方は連絡ください。

伊豆大島周走1day

距離:47.5km 最大標高差:365m

日時:

(A案)4/16(土)-17(日)

(B案)4/23(土)-24(日)

旅程:

1日目:集合、高速ジェット船 東京8時→大島10時、大島周走、元町泊

2日目:レンタカーで島内観光、高速ジェット船 大島4時→東京6時、解散

走行ルートと標高断面図

Read Full Post »